増田佳代

Kayo Masuda

【旭川】

時計という1つのものが動くために細かい部品のどれもが大切な役割を持っている。
その精巧な造りと仕組みに、すっかり心を奪われました。
機械式時計は 宇宙に例えられることがあります。
「この世界観を 他の形で表現したい。」 これが、今の作品が生まれるきっかけです。

  • 2010年 大阪あべのQ'sモールの期間限定ショップにて販売
  • 2012年 大丸札幌店にて展示会開催

Petit fraise(プチフレーズ)

http://ameblo.jp/remake-watch/

  • Creators File

クリエーター別にお探し頂けます

  • ご利用案内
  • お問い合わせ

Follow us!

  • f
  • t
ページトップへ